清水良太郎のヤバい女性遍歴、過去に報道があった女優達 深田恭子、観月ありさ、大塚千弘・・・

エキスパ

清水良太郎容疑者、過去に深田恭子との半同棲疑惑報道の過去あり

ものまねタレント・清水アキラの三男でタレントの清水良太郎容疑者

(29)が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された、10月10

日、午後1時40分ころ、東京豊島区池袋のホテルでデリヘル嬢から「薬物

を飲まされた」と警察に電話があった。ホテルから出てきた、清水良太郎容

疑者を捜査員が任意同行、尿から覚せい剤の反応がでたため11日に逮捕さ

れた。そのため

出演予定だったイベントの関係者の間で混乱が起きているようだ。

清水容疑者はイベント会場での“ものまねステージ”が主な活動場所だった、

今後予定されていたイベントは、代わりの出演者の調整や、チラシやポスターの修正作業などに追われていそうです。

清水良太郎容疑者は、これでも昨年5月に一般女性と結婚。8月には「長女

を授かりました(略)家族を守れるような男へと成長して行きたいと思いま

す!!」とブログで報告していたのですが、わずか1年あまりで最悪の事件を

引き起こしてしまいました。言葉とは裏腹に新婚1年の結婚生活はでたらめ

だったようです。

「今年2月、俳優の遠藤要と池袋の闇カジノ店を訪れ、バカラに100万円

近くつぎ込んでいたと報じられましたが、今回、デリヘル嬢と一緒にいたの

も池袋のホテル。あれだけの騒動を起こしたのに、良太郎容疑者はまったく

気にする様子もなく、新妻、幼子を置いて日夜、池袋界隈に繰り出して遊ん

でいたようです。父親のアキラも過去にルーレット賭博容疑で逮捕されてい

るだけに、罪の意識が薄かったのかもしれません。

清水良太郎の芸能経歴は、父親の口利きで2006年にプロダクション尾木

に所属。同事務所の女優・仲間由紀恵の抱き合わせ出演で、大河ドラマ『功

名が辻』や、『ごくせん』(日本テレビ系)などに出演したものの鳴かず飛

ばず。その後、ものまねタレントに路線変更し、父親が設立した清水エイジ

ェンシーに所属。ものまねショーへの出演のほか、15年にはつんくが楽曲

提供した「ダメ女」で歌手デビューも果たした。

清水良太郎の歌のうまさは定評がありました。「オールスター歌がうまい王座決定

戦」では、歌うま芸人や俳優やプロの歌手などの強敵がいる中で、見事優勝

しました。歌声が良くて、ビブラートの使い方も素晴らしく、羨ましすぎるう

まさです。見てくれも良く、身長も高く、歌も最高。真面目に仕事をしてい

れば一流のタレントになれたでしょう。

当然ながら「芸能界随一の“モテ男”としても知られている良太郎容疑者です

が、今回の騒動で恋愛遍歴が改めて注目されている。2009年に6歳年上

の女優・深田恭子との半同棲疑惑が報じられたのを皮切りに、2011年に

は12歳年上の女優・観月ありさと、13年には当時結婚していた7歳年上

のタレント・新山千春との子連れデート現場がスクープされ、こ14年には

3歳年上の女優・大塚千弘との交際が発覚。よくぞこれだけの大女と交際出

来たものです。あっぱれとしか言いようがありません。


管理人ネタ次郎より

これだけの女優交際できる才能があり、”ものまね”はもちろん一流、歌もプ

ロ顔負け、容姿はいうことなし、

となれば芸能界干された後の就職さきは、池袋界隈の”ホストクラブ”で決ま

りでしょう!

超ナンバーワン間違いないでしょう。そうなれば堂々と過去の女優さん達も

お店に遊びに行けますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。