30周年迎えた清純派演歌歌手 石原詢子は結婚は?恋人はいるのか?

エキスパ

可愛い伸びやかな唄声でファンを魅了する、演歌歌手石原詢子、

紅白歌合戦やお江戸でござる、その他歌番組に出演して人気歌手の地位を固めた石原詢子さん

そこで気になるのは私生活の暮らしぶり。結婚はしてるの?恋人はいるの?、可愛い詢子さんはきっと恋愛経験豊富かと思い調べてみました。

タイプは違いますが同じ人気演歌歌手の藤あや子さんはたしか3回ほど結婚しています。

美人で可愛い石原詢子さん、どんな男性がものにするのでしょうか!興味深々ですね!

出典:http://junko-ishihara.com/

プロフィール

本名:石原悦子

生年:1968年 1月 12日 生まれ 2017年現在49歳

テレビで拝見しますが、とてもおんとし49歳にはみえません。生まれつき遺伝子がちがうのでしょうか?

出身:岐阜県揖斐郡池田町出身。(ぎふけんいびぐん いけだちょう)

町ぐるみで「ゴキブリ追放運動」を行い、町からゴキブリが消えたというエピソードで知られる

出典:http://junko-ishihara.com/

石原詢子 子供時代

父親は詩吟の師範でした。そのため何と4歳から詩吟を習っています。子供ながら毎日数時間の練習を続けていたそうです。12歳で早くも師範代となっております。

なんとなく歌がうまい、そんなレベルでは無いんですね。基礎の基礎がしっかりできているんですね。たしか演歌歌手の福田こうへいさんも民謡の師範の家に生まれたそうです。

演歌の上手な歌手は子供時代からしっかり基礎を勉強しているんですね!

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/石原詢子

石原詢子 歌手への道

高校卒業と同時に上京、新聞配達のほかにもアルバイトを掛け持ちして、歌や踊り、芝居のレッスンを受けていたそうです。

歌手デビュー〜転機[編集]

1988年10月、「ホレました」でソニーミュージックレコーズよりデビュー。デビュー当時のキャッチフレーズは「演歌アイドル」。デビュー後の数年間はテレビ番組への出演もほとんどなく、全国のカラオケスナック、カラオケ喫茶をまわる日々を過ごしたという。

1994年、「三日月情話」が第27回日本作詩大賞優秀作品賞を受賞。翌1995年に「夕霧海峡」がヒットし頭角を現した。しかし念願のヒットの裏で、同曲の発売日を挟んだ3週間足らずの間に、両親が相次いで死去。帰る場所をなくしたことで、歌手としての決意を新たにしたという。

さて気になる結婚はなしはどうなっているんでしょうか?

実は大変うれしことに石原詢子さん、いまだに独身だそうです。またこれと言った浮いたうわさもありません。こんな素敵な詢子さんは何時までも中年男性のアイドルでいて欲しいですね!

デビュー局 ホレました。20歳の時の曲です。二十歳でこれだけの演歌を歌っています。
管理人はあらためて石原詢子にホレました。

石原詢子の姓名判断です。

本名:石 原 悦 子
5 10 10 3  天格15 人格20(21) 地格13 外格8
11     合計28(29)

驚きです、石原詢子さん本名はちょつとまずいですね!結婚は厳しいですね。
もし結婚しても破たんの暗示があります。しかし悦を旧字でとるとまったく変わります
大吉運で大成功の暗示に変わります。結婚は仕事優先で後手になるようです。
さてどっちをとるか、これは旧字の大吉運で取るのが正解ですけど破たんの暗示も
多少でています。
(ここが姓名判の難しいところです。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。