宮崎勤事件とは!東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件、姓名判断では!

エキスパ

宮崎勤事件、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件

この事件は、4歳から7歳という低い年齢の女児が被害者となり、犯行声明を新聞社に送り付ける・野焼きされた被害者の遺骨を遺族に送りつけるなどの、極めて異常な行動を犯人が取ったことから、欧米を中心に多発する児童への性的暴行を目的とした誘拐・殺害事件などとの比較も行われ、戦後日本犯罪史上にて初めてプロファイリングの導入が検討された。

(プロファイリング:犯罪捜査において、犯罪の性質や特徴から、行動科学的に分析し、犯人の特徴を推論すること)

宮崎勤:みやざきつとむ

生誕 1962年8月21日

日本・東京都西多摩郡五日市町(現あきる野市)

死没 2008年6月17日(45歳没)

東京都葛飾区(東京拘置所)

死因 絞首刑

判決 死刑

宮崎勤事件のあらまし

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件

1988年から1989年にかけて4人の女児の殺害を行う、

第一の事件

1988年8月22日 – 当時4歳の女児Aが誘拐・殺害される。殺害後しばらくたち、死後硬直で固くなった遺体にわいせつ行為を行う様子をビデオ撮影している。

殺害後、遺体にわいせつ行為をするという、異常行動は2017年の座間事件によく似ている。

第二の事件

1988年10月3日 – 当時7歳の小学1年生の女児Bが誘拐・殺害される。こちらはすぐさまわいせつ行為をしたが、この時点ではまだわずかに息があった模様で足がピクピク動いていたという犯人の証言がある。

7歳の女の子にわいせつ行為とは実際に可能なんでしょうか?

第三の事件

1988年12月9日 – 当時4歳の女児Cが誘拐・殺害される。Cは失禁した。焦ったのか犯人は被害者を山林に投げ捨てた。12月15日、Cの全裸死体発見。12月20日、C宅に葉書が届く。この遺体の発見後、テレビで被害者の父親が「死んでいても見つかってよかった」と発言するのを見た犯人が他の被害者の遺体も送ることを計画するが、Bの遺体を発見できなかった。

第四の事件

1989年6月6日 – 当時5歳の女児Dが誘拐・殺害される。Dの両手を焼いて食べたと宮崎は罪状認否で述べるが、検察は自己の異常性を強調するため虚偽の事実を述べたものだと論告で主張した。

出典:https://ja.wikipedia.org

まさかですね!女の子の両手を焼いて食べる行為はさすがに考えられないです。

なぜ女児ばかりをねらったのか、おそらく成人女性には相手にされなかったのでしょう。

誘拐といっても成人女子は簡単にひっかかるとは思えない。そこで抵抗のない女児ばかりを狙ったのでしょう

さて宮崎勤の姓名判断です。殺人事件の原因が名前が悪いせい、などとは申しません。

一応、犯罪史上に残る殺人事件ですので、宮崎勤の画数は興味がわきます。

名前には新字体、旧字体などがありますが、わたくしが判断した画数でみます。

宮 﨑 勤

10 12 12     天各22画、人格24画、地格12画、外格22画

合計34画

さっと見て目につくのは2と4、の画数が多い、また12、12が続きます。

破壊、分裂、孤独の数字です。そして埼、勤、12画,12画がぶつかっていて凶作用を

起こします。

これだけの凶数が並ぶとはやはり凶悪犯人の名前といえるでしょう。

でもこの名前がついた背景があるはずです。それは宮崎家の先祖に原因があるはずです。

五日市町でも裕福な家庭に生まれた、宮崎勤死刑囚、数代前の先祖から積み重ねた

悪行があるのだと思います。

しかし亡くなった女の子には罪はないので静かにご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。