尼崎事件のその後、角田美代子の自殺はおかしいぞ、留置所で死ぬか!

エキスパ

尼崎変死事件の首謀者、角田美代子の自殺、これって本当に自殺できるの!留置所だよ!

角田容疑者は、神戸市中央区の兵庫県警察本部にある留置場で勾留

されていましたが、警察によりますと、12日午前6時20分ごろ、

留置場の布団の中で、首に長袖のTシャツを巻いて、自殺を図って

いるのが見つかりました。角田容疑者は神戸市内の病院に運ばれ、

手当てを受けていましたが、午前7時15分、死亡が確認されました。

出典:NHKニュース

ここでおさらい、尼崎事件 角田美代子とは。

尼崎事件(あまがさきじけん)とは、2012年10月に兵庫県尼崎市で

発覚した連続殺人死体遺棄事件。 1987年頃に発生した女性失踪事件

を発端に、主に暴行や監禁などの虐待により死亡したとされる複数名

の被害者が確認されている。 報道では尼崎連続変死事件などとも呼ばれることが多い。

この事件の主犯格とされる女、角田美代子

少なくとも25年以上もの間、兵庫県尼崎市南東部で、血縁関係にな

い人物を多く集め、疑似家族を築きながら共同生活を営んでいた。

そして、主犯の角田美代子周辺では、1987年頃に当時、主犯女

角田美代子と同居していた女性(A家母)が失踪したことを発端に、

複数の不審死や失踪事件が相次いで発生していたが、長年にわたり

、事件が表に出ることはなかった。

 

兵庫県警がどうもおかしいぞ、何度も被害者が訴えても門前払いだったそうだ。

しかし、2011年11月に主犯角田美代子らに監禁されていた40代

女性(F家長女)が監禁状態から抜け出し警察に駆け込んだことで、

主犯角田美代子がF家長女に対する傷害容疑で逮捕され、次いで、

その女性の母親(F家母)の死亡事件が発覚する。

この時駆け込んだ警察署は大阪県警という話です、兵庫県警では

ないです。

さらに、この事件を端緒に捜査は進められ、2012年10月に別件

(C家長男・C家母年金窃盗事件)で逮捕されていた従犯者が全面

自供したことにより、ようやく一連の事件が明るみに出ることに

なった。8名の死亡者、行方不明3名以上。

ところが、主犯女角田美代子は、事件について多くを語らないま

ま、2012年12月12日に兵庫県警本部の留置所で自殺し、事件の

真相解明は極めて困難な状況になってしまう。

数ある大量殺人事件の中でも逮捕、書類送検者の数が17名と多く、その中には

被害者の子や姉妹といった親族も含まれていることが、この事件の大きな特徴

の一つである。また、死亡事件以外に特筆すべき事柄として、些細な弱みにつけ

こんで威圧的に家族を支配する、いわば家族乗っ取り事件を主犯女角田美代子が

複数回起こしていたことも明らかになった。

家族乗っ取り、いわゆる背乗りと(はいのり)といわれ〇系の国の人が得意とする。

そこでは、多くの人々が、親族間同士での暴力を強要されたり、飲食や睡眠を制限されるなど虐待され、さらには、財産を奪われたり、家庭崩壊に追い込まれるといった被害を受けていたことも判明している。逮捕、書類送検者には、そういった事情により、主犯女角田美代子に取り込まれ、疑似家族の一員となったり、否応なく、事件に関与せざるをえなくなったと思われる人物も多く含まれている。

出典:https://ja.wikipedia.org

この事件での主犯格の角田美代子があっさりと警察所の留置所内で自殺だって!

三人が留置所にいたそうです。普通これだけの重要な容疑者は独房だそうです。

 自殺当日の詳しい様子

疑問のひとつは「空白の11分」である。角田は兵庫県警本部の3人

用の女性用留置場に入れられていたが、自殺前夜の11日午後8時

35分ごろ、警察官に「体調どう?」と話しかけられ、「大丈夫です。

すみませんでした」と笑顔で頭を下げ眠りについた。

翌朝5時55分、巡回した女性巡査長は角田の寝息を確認している。

異変を察知したのは6時10分で、寝息が聞こえなかった。巡査長

が当直の職員とともに部屋の中に入り、首にTシャツの袖を巻き

意識をなくている角田を発見したのは、その11分後の6時21分

だった。人工呼吸を施したが、7時15分に搬送先の病院で死亡が

確認された。

なぜすぐに部屋の中に入らなかったのか。元警視庁警視の江藤史

朗氏は3人部屋に入れていたことが問題だと指摘する。「留置係が

部屋に入る時は逃走防止のため、被疑者より多い人数で態勢を組ま

なければならない。3人部屋だと4人以上の警察官がいないと開け

てはいけない。

1人だけの単独房だと2人ですぐに入ることができた」。自殺をほ

のめかしていた容疑者を単独房に留置しなかったのが最大の判断

ミスと指摘する。

出典:https://www.j-cast.com


管理人ネタ次郎より

彼女は朝鮮系の違法組織の元締めで、日本人を殺してはその戸籍を

別の人間に売ることを生業としていたようです。

その顧客には当然北朝鮮や韓国などの朝鮮系の勢力も多く、日本で

の非合法活動のために戸籍の乗っ取りを角田美代子に依頼していた

そうです。

また、そもそも角田美代子という人物自体、本物の角田美代子さん

はずっと以前に殺されていて、あの時逮捕された女は別人の朝鮮人

である可能性が高いそうです。

そんな彼女が逮捕されてしまえば、韓国や北朝鮮のスパイたちまで

警察に追われることになりかねないため、工作員が自殺を装って

殺害したというのが真実のようです。

そして、なぜそんなことがニュースにならないかと言うと、当時の

民主党政権が韓国・北朝鮮との関係を気にして警察に圧力をかけた

からだそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。