小平奈緒の平昌金メダルを支えた2つの要因 病院とオランダ

エキスパ

小平奈緒500mで金メダルを獲得。1000mでも銀メダルに輝きました。

平昌オリンピックで国民の期待に答えて、「絶対本命」と報道され続けた

女子500mにおいてオリンピック新記録となる36秒94を出し金メダルを

獲得しました。女子1000mでも銀メダルに輝きました。

その小平奈緒選手を経済面を支えていたのは以外にも松本市本町106番地

にある「相沢病院」

同病院は2009年3月に、信州大の卒業式を終えても所属先が決まらずに

困っていた小平を職員として受け入れました。そして給与、住居費、競技

用具の購入費など年間1500万円ほどを支出するなど、小平の成長を支えて

きました。

こうした支援ぶりが報道され、ネットでは「すてきな人たちに支えられて

いるんですね」「サポート企業とサポート受けれる選手が増えるといいね

」など、同病院をたたえる書き込みが多く見られました。

「相沢病院」とは?正式名は「社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院」

相澤病院の理事長です

出典:http://www.ai-hosp.or.jp/intro/

社会医療法人財団 慈泉会 理事長

相澤病院 最高経営責任者

相澤孝夫(あいざわたかお)先生

日本内科学会認定内科医

日本消化器病学会、導医・専門医

相澤孝夫先生のご支援があって小平奈緒選手の金メダルがあるんですね。

相澤先生ありがとうございます。

小平奈緒のスケート経歴とは、プロフィール

小平奈緒は小学生の姉たちが通っていたスケートクラブの付きそいで、

3歳からスケートを始めています。

生まれは長野県の茅野市出身で1986年5月26日で30歳です。身長は165cm、

中学から通い始めた「宮田スケートクラブ」で力を伸ばした小平奈緒。

小平奈緒14歳で全日本ジュニア大会優勝

小平奈緒は、14歳で初めて出場した全日本ジュニア大会のスプリント部門で、

有力な高校生・大学生選手たちを軒並み抑えて日本女子スケート界史上初の

中学生王者になり、一躍注目選手に。

しかし勉強をおろそかにすることはなく、大学に進学して教員免許を取得し、

文武両道を体現しました。

小平の金メダルを支えたオランダでのトレーニング。ここで激変!

W杯総合優勝の快挙も

小平奈緒がオランダのトレーニングで激変!目からウロコのオランダ式

練習法とは?

小平奈緒は、オランダで、2014年から2年間、トレーニングを積んでいました。

2014年2、単身、武者修行に出た小平奈緒は、オランダのヘーレンフェーンの

プロチーム「コンティニュ」に加入しました。そこで目にしたのは、日本式の

練習法とは異なり、オランダ式のマイペースな練習法です。

しかし収穫は大きく、金メダリストとしてのメンタリティや、大会会場での

姿勢や立ち振る舞い方など、技術面よりも精神的な変化・収穫が大きかったと

小平奈緒はオランダでのトレーニングを振り返っています。

小平奈緒がW杯で総合優勝の快挙!24年ぶり史上2人目の大記録

小平奈緒は、2015年のスピードスケートのW杯最終戦、女子500メートルの

種目別で総合優勝を果たしました。これは、日本女子スケート界の歴史の中

では4人目という快挙です。

オランダでのトレーニングで身につけた“大事なところで結果を出す集中力”を

発揮し、2015年は、12レース中8回も表彰台に上った小平奈緒。冬季オリン

ピックで2大会連続金メダリストに輝いている韓国の李相花(イ・サンファ)

を破るなど勝負強さを見せつけました。小平奈緒にとって、2015年は、大きな

ブレークを果たした1年といえるでしょう。

小平奈緒が今季4連勝中!平昌オリンピックに向けて高まる期待

小平奈緒が日本に拠点を戻した今シーズンは、開幕から、なんと4連勝!スケート

王国オランダで開催された世界大会で、地元選手を抑えて優勝するなど、勢いが

止まりません。小学5年生のときに開催された長野オリンピックに影響を受け、

よりスケートに熱中するようになったという小平奈緒。

オランダでのマイペースなトレーニングで新しい感覚を身につけ、良い状態で

今シーズンを迎えることができたようです。小平奈緒は、学んで、考えて、

やってみるということが大好き。現在は、オランダで学んできたことを、

日本での練習や今後の競技人生にどう生かしていくかを考えて、いろいろと

やってみようという時期なのかもしれません。

スケート漬けにならないように、あえてスケート部のない高校へ進学したり、

大学4年間をスケートだけに捧げず、教員免許取得を目指してそれを達成し

たりと、人とは違うアスリート人生を歩んできた小平奈緒。

「これからも、自分で、自分だけの道を切り拓いていきたい」と意気込む

小平奈緒の集大成ともとれる平昌オリンピックで見事に金メダルに輝きました。

小平奈緒まとめ

その金メダルの要因が経済的な支援の相澤病院とマイペースなトレーニングの

オランダとはあまりにも意外でした。今まではがむしゃらに自分を追い込む

練習が王道と思ってた小平。オランダ式は目からうろこだったみたいです。

さて小平も31歳、金メダルという夢を果たした今、次の夢、おんなの幸せに

向って走ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。