貴乃花親方と八角理事長は「宮沢りえ」が確執の原因だったかも?

エキスパ

貴乃花一門、名称変更へ 降格した親方が申し入れ

貴乃花親方がまた揺れている。弟子貴ノ岩暴行事件から半年あまり、いまだ

に世間を騒がせている。今度は名称変更を申し入れたそうです。

以下関連記事です。サンケイニュースから

http://www.sankei.com

大相撲の部屋を系統別に分ける一門で、「貴乃花一門」の称が変わることが

18日、日本相撲協会関係者の話で分かった。関係者によると、3月に2階

級降格処分を受けた貴乃花親方(元横綱)が4月上旬、一門の親方衆に対し「

貴乃花」の看板を外すことを申し入れて了承された。

 2月の理事候補選挙で落選した貴乃花親方は3月の春場所での無断欠勤

や、弟子の十両貴公俊関による暴行問題の監督責任などを問われて降格。親

方衆の序列で再雇用者の参与を除いて最下位となる年寄となった。

 一門のある親方は「ご本人が言っているので受け入れる。謝罪の意味やゼ

ロからのスタートという思いではないか。ばらばらになるのではない」と述

べた。今後については一門内で話し合うが、形態などについての最終判断

は、協会の八角理事長(元横綱北勝海)に委ねる方針。

貴乃花親方は2010年の理事選挙を前に二所ノ関一門を離脱し、支持者と

ともに貴乃花グループを形成。14年に一門への格上げが認められた。同一

門には貴乃花部屋の他、阿武松、千賀ノ浦、大嶽、立浪の各部屋が所属して

いる。


管理人より、

貴乃花親方と八角理事長の確執は現役時代の女(宮沢りえ)だったかも?

貴乃花一門を形成していたんですか。これはもしかしたら一門が解散してバ

ラバラになるのかも?弟子の貴ノ岩暴行事件では被害者だったので世間から

も同情されました。

今度は貴乃花部屋の弟子、貴公俊が加害者になり弟子に暴行した事件があり

ました。被害者の時は頑なに相撲協会を批判していた貴乃花親方。それが立

場が逆転して自分が追及される側のまわってしまった。今年の3月のことで

した。

そして親方は内閣府の告発状を提出という非常に大胆な行動にでました。今

年(2018年)3月のことでした。

ここまでは貴乃花親方が協会を責める立場でした。

とここが一転して、自分が責められる立場に逆転です。これはもう相撲の土

俵際の逆転負けですな。

もちろん負けたのは貴乃花親方。勝ったのは八角理事長です。告発状も取り

下げたそうです。貴乃花親方の完全敗北ですな。

現役時代を知っている管理人からみると、当時の貴乃花親方は相撲人気の頂

点にいて、超スーパー横綱でした。

実力もさることながら人気がすごかった。兄弟で横綱になり、父の大関貴乃

花の似たイケメン力士でホントに凄い人気だったな、当時のアイドル宮沢り

えとの婚約などもあり、相撲人気の頂点に君臨しておりました。

ところが同じ横綱の「横綱北勝海」現在の八角親方はまったくの不人気。い

までも美人な宮沢りえ、あの頃は20歳すぎて超輝いておりました。その

「りえちゃん」と恋人で婚約とは、八角理事長はさぞかし悔しい思いをした

ことでしょう。

一連の協会での八角理事長を見ているとおんなの恨みを晴らしているように

思えますぞよ。

管理人ネタ次郎より

関連記事:

貴乃花親方 花田紀子 相撲協会との確執だけではなかった 母との関係2018年1月25日

宮沢りえと森田剛が結婚できたのは”娘の一言”が一番の理由だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。