白鵬はエルボーまがいのカチ上げ ルール違反ではないか 永久追放なみの反則との声。

エキスパ
成功の経典
https://ex-pa.jp/it/5mN/WT

大相撲はいつからプロレス技 解禁になった

今や大横綱となった、第69代の白鵬  幕内優勝回数は

40回(2018年、3月場所まで)を数え、大鵬の

32回を大幅に超える。その白鵬の土俵に内外から批判

の声があがっている。特に問題なのは白鵬のカチ上げに

よく似た、ひじ打ち、エルボースマッシュである。


以下一部引用:

横審の北村委員長は、17年12月20日の臨時会合後の会見で、

白鵬の張り手などの取り口の多さについて、「横綱相撲と言

えない」など批判的な投書が多く寄せられていることを明か

した。

【白鵬 立ち合いの悪癖改善へ】横綱・白鵬が、横審から苦言を

呈されている立ち合い改善の意向を示した。

「なるべく癖を直していきたい。稽古で直していきたいですね」と

殊勝な様子。 

そもそも白鵬のかち上げは、かち上げとは呼べないという見方がある

白鵬のカチ上げはカチ上げでないという見解がある。一般的なカチ上

げは、ヒジを90度くらいに曲げ、ヒジから手首のあたりにかけての

部分を相手の腹や胸のあたりにぶつけ、弾き上げるようにして、相手

の上体を起こす技だ。

白鵬のカチ上げは、ヒジを曲げた形は同じだが、ヒジのあたりの固い

部分だけを、相手の顔面に激しくぶつける。

この技に批判的な解説の舞の海さんは、ついにカチ上げではなくこれを

「肘打ち」と明言しました。

白鵬の場合、明らかに初めから相手のあごをカウンター気味に狙っており、

プロレス技のエルボースマッシュと同じ類いです。

過去にはこの激しいカチ上げで脳震盪(のうしんとう)を起こして倒れた相

手もいる。人気漫画家でエッセイストの能町みね子さんは、この技をカチ上

げではなく「パワーエルボー」と表現している

元幕内で歌手の大至(49)が白鵬のかち上げは「エルボー」と解説すると

一茂は立ち上がって大至に実践してもらい「本当のかち上げは自分の体を当

たりながら相手を起こすもの」などと教えられ、うなずいていた。


鵬と同じように顔にかち上げをしていた大砂嵐。

大砂嵐のそれは、いい体勢に持ち込む戦術というよりは一発で相手を倒すよ

うな威力を秘めた決め技になっているすでに5月の夏場所では遠藤のあごに

きれいにヒットさせて土俵に沈め、遠藤びいきの女性ファンを絶叫させた。

ただ大嵐は自動車事故を起こし、無免許運転の疑いがもたれ相撲協会から引

退を勧告され、引退しました。この荒い取り口も引退勧告に関係あったよう

に思います。


白鵬に対して相撲協会の対応は甘すぎる

北の富士さんは「反則じゃありませんからね、こればかりは……」と、やや

渋々ながら認め、八角理事長も相手力士が対策できるはずとコメント。

「最近では立ち会いで張り手や、(ひじを使った)かち上げがみられるが、

3~4年前から体が衰えているように見える。だからそんな手段を使うので

はないか。これは横綱相撲ではない。大鵬も双葉山もこんなことはしなかっ

た」と憤る。

「立ち合いで『張り手』と『カチ上げ』を多用する取り口に、横綱審議委員

会から“到底、横綱相撲とは言えない”とクレームがついた。先の九州場所で

も、14勝したうち12番が張り手かカチ上げ。“最大の武器”が封じられれ

ば、簡単には勝てない」


白鵬の肘にはサポーター これに特殊加工があり強力な硬度があるとの疑惑の声

 

張り手とかち上げを封じられた白鵬が、弱くなってしまったのは、特注サポ

ーターに強さの秘密があったからだと報じている。

これは一般のものより硬めにできている強迫サポーターで、白鵬のかち上げ

をくらった力士が「やすりで削られたように痛かった」と嘆いていた言う。

   そのサポーターを巻いたひじを白鵬は「相手の顎よりも上にひじをぶつけている。あれはかち上げではなく、エルボースマッシュです」

  そのエルボースマッシュで、白鵬は豪栄道を左眼窩内壁骨折させ、40回目

の優勝がかかった平幕遠藤との取り組みでも、遠藤の顎のあたりに左ひじを

見まい、遠藤はあっけなく土俵を割ってしまった。


管理人ネタ次郎より

今場所(2018,5月)は白鵬も肘打ちエルボーを封印しているようだ。だか

らと言って過去の肘打ち、疑惑サポーターが問題ない、とはならないはず。

特殊加工サポーターが事実なら、これは大変なことですよ。

業界は違いますが過去に「競艇の艇王」の異名をもつ、彦坂 郁雄(ひこさ

か いくお)白鵬同様、競艇の主な記録を塗り替えた「競艇の艇王」でし

た。この彦坂が1回、モーターの部品を外部から持ち込んだことが発覚して

引退、永久追放に追い込まれました。

もしも白鵬の肘サポーターに細工してあれば、引退、永久追放は必死

でも相撲協会もあまい。甘いですね、不二家のチョコレート並みです。

白鵬のエルボーで豪栄道が顔面骨折、勢が脳震盪、くらった力士は多数います。

他の団体ならとっくに調べが入り追放ですね!野球業界なら記録抹消、もち

永久追放です。

あま党の相撲協会さま、しっかり反則を厳しく罰しないと将来は安泰ではな

いですよ。あま党ではいずれ組織が崩壊しますぞ~。

関連記事:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。