渡辺謙 不倫の代償 驚愕の財産分与 南果歩これって”Kの法則”発動か?

エキスパ

ついに大物俳優渡辺謙さんが離婚した。1年まえにニューヨークでの密

会写真から始まった一連の騒動。

でも今でも不可解なのは何故スクープした週刊文春はニューヨークで謙

さんと女性との写真を撮ることができたのか?

誰がリーク元なのか?推理小説のようですが、今回の騒動で誰が一番

得をしたか、それは元妻の南果歩さんでしょう。管理人ネタ次郎はかっ

てに想像しております。

でも謙さん、不倫の償いで稼いだ財産はほとんど南果歩さんに渡ってし

まうとは、”男はつらいよ”です。

そこで南果歩さんについて調べてみました。

南さんは自分から母が韓国の釜山(プサン)が故郷だと告白しております。

南さん自身も2度の結婚、今回で2度の離婚ということになります。

芸能界は一般人とは違うと言っても、それでも凄まじい”離婚劇場”ですな。

南果歩さんの元もと旦那、辻仁成さんは3回の結婚、離婚を繰り返して

おります。辻仁成さんの時も同じく「不倫」が原因で別れています。

そして今回も謙さんの「不倫」で別れました。

管理人ネタ次郎はもしかしてこれって「kの法則」発動かと勘ぐっております。

韓国人と深く交わると「不幸がおとずれる」これがKの法則です

詳しくは「日本人が絶対に不幸になる【Kの法則】 どの国も人も逃れられない!!」http://bbs.jpcanada.com/log/6/8835.html

ただの偶然かもわかりません、判断はおまかせします。

謙さんの不倫は南果歩さんにも何割かは原因があるとに声も。

それは都内の豪邸に”自分の母と姉”まで一緒に住んでいるという、

話です。当然ながら兼さん本人は都内の自宅に帰らず、仕事が無いときは軽

井沢の別荘にいるそうです。これは妻一族に母屋を占領された

状態ですね。

だから浮気しても良いことにはなりませんが、同情しますね。

渡辺謙さんと南果歩さんの離婚によって”財産分与”が生じたわけ

ですが、以下の記事に詳しく掲載されています。


以下一部引用します。

「結果的には、不倫が発覚した時から、離婚するという南さんの意思は

一貫して変わらなかったそうです。あれから1年と2か月。渡辺さんにとっ

ては“針のむしろ”だったでしょうね。これほど時間がかかったのも、渡辺さ

んの大河ドラマの出番が終わるのを待ったということのほかに、財産分与を

めぐって水面下で綱引きが行われていたからだそうです」(芸能関係者)

「婚前契約」とは、結婚前に、結婚後の生活スタイルについて夫婦で取り決

めておくこと。たとえば「休日は必ず一緒に出かける」「DVがあったら○

万円」といった具合だ。さすが海外でも活躍する夫婦らしい。

「婚前契約の内容は原則的に自由です。よほど社会的に逸脱した内容でない

限り、法的にも拘束力を持ちます。つまり『浮気をしたときの慰謝料額』を

定めていた場合には、原則的にその額は契約として有効です」(加藤憲田郎

弁護士)

 渡辺は過去にも不倫で訴訟になった経験もあり、それを繰り返さないため

に厳しい契約を結んでいたようだ。

「契約の中には、渡辺さん側に何らかの不都合があって離婚することになっ

たら、ふたりの財産はほとんど南さんに譲る取り決めもあったそうです。南

さんは、お金はともかく、とにかく浮気はしてほしくないという強い気持ち

があったんでしょう」(前出・知人)

 「 6億円ともいわれる都内一等地の新築豪邸は南さんの名義になった。

トータルすれば南さんへの財産分与は10億円近くなるのではないでしょう

か。でも、南さんは渡辺さんを気遣って、彼のお気に入りの軽井沢の別荘は

受けとらずに彼名義に直してあげたそうです。土地、建物別々にそれぞれの

名義で所有していましたからね」(前出・知人)


管理人ネタ次郎より

南果歩のお情けで「軽井沢の別荘は彼の名義に直してあげた」これっ

てなんか、おかしくないですか。婚前契約にのっとり財産がすべて

南果歩に渡る。ホントにおかしいですね!

謙さんが稼いだ財産でしょう、訳がわかりません。

一般人は浮気しょうにも先立つものもない、バレても分ける財産なんて

たかが知れてる。

大物俳優のカップルはすべて規模が違いますね。果歩さんにして

みれば、浮気さまさまですな。これだから離婚家業はやめられま

せん。

関連記事:

渡辺兼との間で悲劇のヒロイン演じる南果歩、かっては自分も 不倫で妻の座奪った!

女ですべてを失った芸能人 その1 山口達也 高畑裕太 狩野英孝 山本圭壱(極楽とんぼ)清水良太郎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。