紀州のドン・ファン怪死事件で分かった、55才年下の妻 葬儀でスマホとは! 

エキスパ

和歌山県と云えば梅干し ミカンなど、のどかなイメージを思い浮

かべる人が多いかと思います。ところが和歌山県は経営者 政治家

 芸能人を多く輩出している、超優秀県でありました。

成功の経典
https://ex-pa.jp/it/5mN/WT

その和歌山県で有名な野崎幸助氏が変死したニュース。

地元では有名な資産家でプレイボーイで女に関して、物議をかも

した人でした。

今回はこの紀州の野崎幸助氏を調べてみました。


プロフィール

1941年、和歌山県田辺市生まれ 77才

酒類販売業、不動産業などを営む実業家

地元の中学を卒業後、鉄屑拾い、コンドームの訪問販売、

貸金業など様々な商売を手がけ、裸一貫で億単位の財を成す。


以下引用

急死の野崎幸助氏 従業員が妻の言動に不信感「いくら入るの?」

「紀州のドン・ファン」と呼ばれた実業家・野崎幸助氏(享年77

)が急逝、遺体からは致死量を超える覚醒剤成分が見つかり、警察

が捜査に乗り出す事態となっている。

 同氏は和歌山県田辺市で酒類販売業や不動産業などを営んでいたが、

参列した会社の従業員たちも55歳年下の妻・Sさんの言動に不信感を

抱くことがあったという。

「2月に結婚したSさんが、田辺にやってきたのは4月のこと。それま

では東京と和歌山の別居婚でした。こちらに来て間もない頃、彼女

は私に『いま社長が死んだら、私にはいくら入るの?』と聞いて

きた。冗談のつもりだとしても笑えなかった」(従業員)

 

従業員たちは全員、警察に呼ばれて取り調べを受けたという。

別の従業員が不安そうな表情で漏らす。

「指紋を取られ、尿検査を受け、スマホの電話帳やインターネット

サイトの検索履歴まで調べられました。腕を見られて、覚醒剤の

注射の痕まで調べられた時に『これは何の捜査ですか?』と質問

したけど、答えてくれなかった。

 

社長はSさんと結婚したことを喜び、入籍の証明として戸籍謄本

と夫婦の2ショット写真を近所に配っていた。あの時の社長は幸せ

そうでした。死ぬ前日までピンピンしていた社長の笑顔が今も頭

から離れません」

50億円ともいわれる野崎氏の遺産はどうなるのか。

「野崎氏は遺書などは残しておらず、法廷相続に従うことになる

でしょう。すると遺産の4分の3は妻であるSさんに、残り4分の1

を野崎氏の6人のきょうだいで分け合うことになります」

(社会部記者)

※週刊ポスト2018年6月15日号


急死の“紀州のドン・ファン” 通夜で響いた22歳妻への怒号

 

遺体から大量の覚醒剤成分が検出され、事件性が取り沙汰されて

いる。警察は、今年2月に結婚したばかりの55歳年下の自称モデ

ル・Sさんにも死亡に至る経緯を聞くなどして、慎重に調べを進

めている。

 野崎氏は多くの女性と交際し、交際クラブなどで女性と出会って

いることを公言し、「紀州のドン・ファン」の呼び名で知られた。

週刊ポストの取材では「(交際クラブの)入会金は100万円です」

と語っていた。

 野崎氏が急死したのは5月24日。遺体は解剖されたため、通夜は

5日後の29日に執り行われた。通夜に出席した関係者が明かす。

「(野崎氏の)親族のひとりが怒鳴っていて。『いくらなんで

も、おかしいんじゃないか』って。別の親族は『通夜の場でそん

なこと言うものじゃない』となだめていましたが、Sさんはヘラ

ヘラ笑っていたんです。

 それを見て先ほどの親族が『挨拶もないんかい』『なんで笑う

んや』『死んで嬉しいんかい!』と怒鳴っていました。それを見て

もSさんはスマホをいじっていた」

 翌日の葬儀でもスマートフォンをいじる姿が目撃されていたと

いうが、棺に花を入れる時には、周囲の泣き声とともに、Sさん

も鼻をすすって目に涙を浮かべていたという。

 55歳年上の夫の死に、何を思っていたのだろうか。


管理人ネタ次郎より

先日のネタ次郎の記事で”あのねのね 清水国明氏の4度目の

歳の差、結婚について紹介しました。25才差婚で驚愕しましたが

この野崎幸助氏は55才差婚という事です。これは言葉ではもう表現

できません。55才離れた夫婦、まともな生活は成り立ちませんな。

野崎幸助氏急死で一番あやしいのはこの”若嫁”ですね。

女とやる事を一生の目的にしてきた、野崎幸助氏、そしてその

目的はほぼ達成しました。でも女を金で買ってきたその”つけ”は

最後はその女で自分の命まで無くしたかもわかりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。