結愛ちゃん虐待死事件で怒りと嘆きの声が続々と集まっている!

エキスパ

結愛ちゃん虐待死事件でネットでは児童相談所の無能さに
怒りと嘆きの声が続々と集まっている!

東京都目黒区で虐待を受けたとされる船戸結愛(ゆあ)ちゃん
(5)が3月に死亡した事件で,結愛ちゃんが残した、ひらがな
の手紙が悲しすぎると評判になっている。

ネットでの怒りと悲しみの声をまとめました。

捜査1課は、結愛ちゃんが毎朝平仮名の書き取り練習を
していたノートの内容の一部を明らかにした。

両親に許しを請うような内容で、鉛筆で手書きされていた。
雄大容疑者から平仮名の練習を命じられていたという。

被害女児は連れ子。容疑者は長男の誕生を機に豹変した

長男が誕生した時期から、船戸容疑者が豹変していった」
 翌’17年3月には、偶然通りかかった警察官が、外に出されて
いる結愛ちゃんを発見し、再び一時保護。だが同年7月には
自宅に戻ることに。

「児相関係者によれば、母親が迎えに来たときには、結愛

ちゃんもニコッと笑ったそうですが、父親を見ると怯えた様子を示した
そうです。最初に保護された際には“ばあば(曽祖母)のとこ
に帰りたい”とも話していたと聞いています」

 

結愛ちゃんは自分なりにSOSを発信していた。それを大人が
気づけなかった……。

痛ましい事件と幼い少女の心の叫びに悲しみと怒りの声が相次ぐ

5歳児虐待死の反省文、凄い文章力。可哀想過ぎて涙が止まらない。

5歳児虐待死 母親は自分の子供より男を優先した 義父は血縁関係の
ない子供より自分の欲望を優先した。 児童相談所は現実から目を
そらした。

虐待するぐらいなら児童相談所に保護してもらえ 里親にでも出せ
色んな場面でこの子供を救う場面があったはずじゃないのか。

5歳児虐待の事件、今回の件は氷山の一角だろうから、これから虐待
しそうな親や、虐待されてそうな子供にいち早く対処したほうがいい
と思う。

5歳児虐待死のニュース、何度みても泣いてしまうから意識的に見ない
ようにしてるけど、泣いてしまう。アホみたいに遊ぶのがいいん
じゃんか…アホはその親だ。

5歳女児虐待のニュースさ… 親に宛てた手紙…ゆるしてください、
あほみたいに遊ばない…とか常に言わされたり言われてたんだ
ろうな…5歳児が普通は使わないよ…5歳であの文章書けるって
とても賢い子だったと思う…素直で優しい子だったと思う…
そんな子を何故実の親が邪険にすんだ…キツイ刑罰あたえろ    

5歳の女の子の虐待死 5歳児の平均体重が約20㌔なのに対しこの子が
亡くなった当時の体重が約12㌔・・・ 逮捕された親は刑務所入ろうが
何だろうが食いっぱぐれはないんだよね・・・三食ちゃんとあるんだよ✊
罪を犯したら償うのは当たり前だけど・・・納得いかない、何回考えても

子供虐待事件 これはひでぇわ どんな理由があろうと 5歳児に
「ゆるしてください」 「あそぶのをやめます」 って書かせるまで
追い詰めるとか この両親を許せねぇわ 久々酷い事件だと思ったわ

5歳児虐待死。 ゆあちゃんのメモに朝から涙。 酷すぎる。 自分がされ
てみ。 自分がやられて嫌な事は人にはしちゃいけないんだよ。 わかん
ないの? サイテーだね。


管理人ネタ次郎より

目黒区のアパートで5歳時の結愛ちゃんが虐待されて亡くなった事件
まだまだ悲しみの声があふれています。

この事件の発端は香川県から始まっていました。

香川県ではこの結愛ちゃんを2回ほど保護していました。
そして逃げるように今年1月に目黒区に引っ越してきた
ようです。

その時に香川県から船戸結愛ちゃんの件を受け継いでいた
そうです。管轄は品川児童相談所です。

2月9日に家庭を訪問したが、母親が拒否したため、結愛ちゃん
には会えなかった。と品川児相では言い訳しています。

ここがポイントですね。担当者が結愛ちゃんに会っていれば
虐待の事実が判明して保護できたはず、結果結愛ちゃんは
死なずにすんだのに!

ほんとに悔しいの~悔しいの~、なんで品川児相では香川県から
虐待の事実の連絡受けていながら、放置したんだ。

自宅訪問して子供にあって確認しないとは、職務放棄に
等しいではないか!あほか!結愛ちゃん可愛そうに。

せめての救いは菅義偉官房長官は14日の記者会見で「今回のよう
な痛ましい事案を2度と起こしてはならない。児童虐待の相談件数
が急激に増加している状況を踏まえ、政府をあげて、対策を徹底
して行っていく」と述べた。

そして15日に関係閣僚による会議が行われるそうだ。
遅まきながら期待しておりますぞ。

関連記事:

新幹線殺人事件 死亡男性、凶行を止めに入り犠牲になった可能性も 目撃者ら証言

「もうおねがい ゆるしてください」ノートに謝罪の言葉 体には複数のあざが… 結愛ちゃん虐待の鬼親

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。