栗田ひろみ 初主演映画『夏の妹』でヌード女優に!

https://ex-pa.jp/et/5mN/d
エキスパ
https://ex-pa.jp/et/5mN/d

田ひろみの出演作『夏の妹』

夏の妹』(なつのいもうと)は、1972年に公開された、大島渚監督の日本映画である。栗田ひろみはこの大島監督に抜擢されて主演した作品である。

この映画終了後、大島渚監督は創造社を解散し、国際的な映画製作へ踏み出してゆく。 記念すべき作品。また栗田ひろみが15歳で初ヌードを披露した記念すべき作品でもある。

「夏の妹」スタッフ

1972年、公開

監督       :大島渚

脚本       :田村孟、佐々木守。大島渚

製作       :葛井欣士郎。大島瑛子

配役

菊池素直子 : 栗田ひろみ – 愛称「スータン」。

菊池浩佑 : 小松方正 – スータンの父親。判事。

小藤田桃子 : りりィ – 浩佑の婚約者。スータンのピアノ教師。

大村鶴男 : 石橋正次 – ツルの息子。

簡単ストーリー

素直子(栗田ひろみ)の許に大村鶴男という沖縄の青年から一通の手紙が届いた。

彼の父は、小さい時死んだと聞いていたが、最近、母から素直子の父菊地浩佑が鶴男の父らしいと知らされたというのである。そして夏休みには沖縄へ遊びに来てほしい、と結んであった。

夏休みが来た。素直子は彼女のピアノの家庭教師、小藤田桃子(りりィ)に鶴男のことを打ちあけ、鶴男を探しに二人で沖縄へ旅立つ。姉妹のように仲むつまじい女同志の船旅。

船中で二人は、桜田拓三という老人と知り合った。彼は戦前、戦中の沖縄への熱い憧憬と深い贖罪の念を抱き、誰か自分を殺してくれる相手を探しに沖縄へ行く、と言うのであった。やがて船は那覇へ着いた。そこで素直子は沖縄語を観光客に教えて金を稼いだり、ギターで流す一人の若い男と知り合った。彼は、実は鶴男(石橋正次)なのだが勿論お互いに気付かない。二人は親しさを増していった。

栗田ひろみ 夏の妹画像

若尾文子の出世作 「十代の性典」貴重な濡れ場あり「安珍と清姫」

吉永小百合の夫 岡田太郎とのなれそめはとは!また貴重な濡れ場!

山本陽子の若い頃の画像 現在は熱海マンションとか 日活映画でデビュー 結婚は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。