吉行和子 42歳で熟年ヌード映画 迫真の艶技「愛の亡霊」「彩り河」

https://ex-pa.jp/et/5mN/d
エキスパ

https://ex-pa.jp/et/5mN/d

吉行和子の「愛の亡霊」

あらすじ

 舞台は明治中期の北関東の農村。せき(吉行)には人力車夫の儀三郎(田村高廣)という夫がありながら、豊次(藤竜也)と不倫関係を結ぶ。やがて、せきと豊次は儀三郎を殺害するのだが、儀三郎はせきの前に亡霊として現れる。

 本作は吉行の言葉の通り、全編にわたり「女」そのもの――というよりも、本能に生きる「人間そのもの」の剥き出しの姿が描き尽され、吉行はそれに見事に応えていた。

 初めての豊次との情交シーンでの、豊次の隆々たる肉体を前に悦楽の表情を浮かべながら欲情に身を任せるしかなくなっていく様。夫を殺した後、発覚を恐れて近づこうとしない豊次と山で出合い「嫌いになったんじゃあるめえな」と言いながら豊次の身体をひたすら貪る







「彩り河」いろどりかわ1984年公開

監督: 三村晴彦  脚本 仲倉重郎 三村晴彦ほか  原作 松本清張

出演:  真田広之 名取裕子 三国連太郎 平幹二郎 米倉斉加年 夏八木勲     根上淳 渡瀬恒彦 吉行和子

主演は真田広之と名取裕子でありますが、この映画でも大胆なヌードを披露しています。

あらすじ

すけべ爺の三国連太郎さん、本当にこう言う役がお得意ですね、この方が真田広之の敵になります

 平幹二郎の昔の愛人吉行和子は銀座のママになっていた。社長に収まった夏八木勲は会社の倒産回避で相互銀行頭取に高利で闇金融を依頼していました。

三国演じる頭取は、全国相互銀行協会を牛耳る実力者です。ママ(吉行和子)は三国の愛人になっていました。

 そのママ(吉行)が、何者かに殺されます!

 渡瀬恒彦演じる業界紙の記者山越も、殺されました!

 クラブの新しいママ(名取)は、三国の次の愛人でした。店そのものが三国のものですから当然です。

 真田と平の連携復讐が始まります。さて・・・

当然、真田と新しいママはおとことおんなになります。

 真田の新鮮な演技、名取の若さが堪能できます。とてもHな場面もあったりして、こちらもとても楽しめます。

 そのママ(吉行)が、何者かに殺されます!

 渡瀬恒彦演じる業界紙の記者山越も、殺されました!

 クラブの新しいママ(名取)は、三国の次の愛人でした。店そのものが三国のものですから当然です。

 真田と平の連携復讐が始まります。さて・・・

当然、真田と新しいママはおとことおんなになります。

 真田の新鮮な演技、名取の若さが堪能できます。とてもHな場面もあったりして、こちらもとても楽しめます。

吉本多香美の現在とは 旦那さんは 濡れ場映画「皆月」みなつき

由美かおる ヌード女優 華麗な経歴 デビューはなんと15歳!

昭和の大女優 若尾文子の現在 若い頃は色気映画で活躍 その貴重な画像

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。