小柳ルミ子 恋多き女 紅白 常連歌手歌手からヌード女優まで

https://ex-pa.jp/et/5mN/d
エキスパ

小柳ルミ子と言えば紅白歌手で70年代の国民的アイドルでした。ヒット曲も日本叙情に溢れた歌詞、愛くるしいルミ子の笑顔。世間は勝手にルミ子を貞操観念にあふれた女性と思い込んでいた。しかし実体は恋多き女で13歳年下の男性と結婚、離婚の情熱女だった。

 

https://ex-pa.jp/et/5mN/d

『わたしの城下町』大ヒット

小柳ルミ子は昭和46年4月に作曲家平尾昌晃のプロデュースにより「わたしの城下町」で歌手デビューし、160万枚の大ヒットとなった。

オリコン年間シングル売上チャートで第1位を記録し、また第13回日本レコード大賞最優秀新人賞も獲得した。

『瀬戸の花嫁』も大ヒット

昭和47年に発売した「瀬戸の花嫁」が大ヒットし、同年の第3回日本歌謡大賞を受賞。ほか「お祭りの夜」「京のにわか雨」「漁火恋唄」 などもヒット曲となった、天地真理・南沙織らとともに当時『三人娘』と呼ばれ(後年には『新三人娘』とも言われる)、1970年代前半を代表するアイドルとなった。

デビューして三年で1970年代前半を代表するアイドルとなった。現在では想像できない

スーパーアイドルでした。

紅白歌手から『白蛇抄』で濡れ場披露



 

小柳ルミ子のヌード画像

ヌード女優 小柳ルミ子「白蛇抄」で見せた濡れ場とあらすじ

セクシー女優 壇蜜ついに結婚 過激ヌードも見納めか!エロ画像特集 !

吉行和子 42歳で熟年ヌード映画 迫真の艶技「愛の亡霊」「彩り河」



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。