谷ナオミ 初代『SM映画の女王』団鬼六と組んだ名作『花と蛇』画像

https://ex-pa.jp/et/5mN/d
エキスパ

そしてついにあの名作映画に主演、原作は団鬼六。これで名実とものSM映画のトップ女優に躍り出た。1974年(昭和49年)、にっかつ『花と蛇』公開。世の男性に衝撃を与えた。その後も団鬼六のSM作品に多く出演、「SM女王」と呼ばれる。私生活でも団先生と噂があったようです。


https://ex-pa.jp/et/5mN/d

花と蛇』(1974.06.22)(製作:日活)

『新妻地獄』(1975.12.06)(製作:日活)

『夕顔夫人』(1976.12.08)(製作:日活)

『檻の中の妖精』(1977.06.04)(製作:日活)

『黒薔薇夫人』(1978.04.01)(製作:日活)

『縄地獄』(1978.06.24)(製作:日活)

谷ナオミ 日活ロマンポルノで活躍!勝手のSM女王だった 引退後の現在 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。