一覧

吉本多香美の現在とは 旦那さんは 濡れ場映画「皆月」みなつき 

諏訪憲夫(奥田瑛二)の嫁の小夜子がある日突然いなくなる。 置き手紙には「みんな、月でした。我慢の限界です。さようなら」。 落ち込んで職も失い、さらに元の会社が潰れて退職金ももらえなくなった諏訪は、義理の弟のアキラと、彼に紹介されて紆余曲折(なんてあっさりまとめちゃうとこの映画の内容と特徴が一気に薄っぺらくなるんだけどやっぱり割愛)を経て恋仲になったソープ嬢と一緒に小夜子を探し始める。

由美かおる ヌード女優 華麗な経歴 デビューはなんと15歳!

<!-- wp:paragraph --> <p>この番組は1962年開始のバラエティ番組でした。この時なんと15歳。</p> <!-- /wp:paragraph --> <!-- wp:paragraph --> 由美かおる、デビューはなんと1965年15歳でした、翌年には当時の人気ワイドエロ番組『11PM』に出演、抜群のプロポーションと愛らしい風貌と網タイツ姿で人気を集める。でも16歳ですよ。現代では想像できない年齢。</p> <!-- /wp:paragraph -->

栗田ひろみ 初主演映画『夏の妹』でヌード女優に!

<!-- wp:paragraph --> <p>彼の父は、小さい時死んだと聞いていたが、最近、母から素直子の父菊地浩佑が鶴男の父らしいと知らされたというのである。そして夏休みには沖縄へ遊びに来てほしい、と結んであった。</p> <!-- /wp:paragraph --> <!-- wp:paragraph --> <p>夏休みが来た。素直子は彼女のピアノの家庭教師、小藤田桃子(りりィ)に鶴男のことを打ちあけ、鶴男を探しに二人で沖縄へ旅立つ。姉妹のように仲むつまじい女同志の船旅。</p> <!-- /wp:paragraph -->

栗原小巻の夫!結婚は?映画では加藤剛と濡れ場「忍ぶ糸」「忍ぶ川」

なぜ小巻さんが独身なのか、芸能界の七不思議です。 また男性俳優の加藤剛さんが最近亡くなっていたことが 分りました。 小巻さんはこの加藤剛さんと何本か映画で共演しております。 しかも妻役、恋人役、夫婦役などです。 加藤剛さんとの共演はとっても似合っておりました。

吉永小百合の夫 岡田太郎とのなれそめはとは!また貴重な濡れ場!

日本を代表する大女優吉永小百合。昭和の映画全盛期にデビュー。 出演した映画も120本という多さです。1本ずつ検証したわけでは ないですが、そのほとんどが主演の映画です。また意外にも歌手としても 活動していました。 さてその大女優吉永小百合、1973年(昭和48年)28歳 の時に岡田太郎氏と結婚しています。

栗原小巻 純情可憐な女優が演じた 随一の濡れ場シーン

現在でもきれいですが、若い頃はホントに輝いておりました。 世の男を虜にして離しませんでした。映画に小巻さんが出演する だけでヒット間違いなしの人気女優でした。 純情可憐な乙女の容姿を持ちながら、必要な時は濡れ場もこなす、 男性ファンにはうれしい女優さんでした。

酒井和歌子 永遠の清純スター「処女伝説」黒沢年男「めぐり合い」濡れ場!

東宝では最初は目立ちませんでしたが、夏木陽介主演の相手役で 人気が出ました。清純な高校生役が似合う清純スターそのものでした。 特に酒井和歌子を清純スターとして地位を不動にした映画があります。名作として有名です。 今年69歳、世間ではおばあちゃんですがかすかに清純スターの残り香が感じられ ます。90歳になる母と暮らしているとか、清純スターのままこのまま朽ちるのか!もったいないですな。

岩下志麻 昭和の美人スター「極道妻」で 勲章をもらった大女優 と濡れ場シーン

俳優の父・野々村潔と元新劇女優の山岸美代子の長女として生まれた。 1960年(昭和35年)の『乾いた湖』(篠田正浩監督)映画でデビューした。 篠田正浩は自分が監督の映画『乾いた湖』で岩下志麻に惚れたようです 1966年(昭和41年)3月3日、映画監督の篠田正浩と岩下志麻は結婚しました。

小柳ルミ子がサッカー解説で迷言 解説 貴重なセミヌード

「選手は全員私の子宮から生まれた」 ワールドカップ 日本代表がコロンビア戦勝利で 国内ではサッカーの話題で持ち切りです。 そのサッカーの解説で歌手、タレントの小柳ルミ子 名言を連発しております。 最近のルミ子は若い世代には「私の城下町」以上に サッカー解説で有名になっております。